マッサージで快腸目指す♪

こんばんは。腸内フローラの改善を心がけてから数日、、今日はうれしいことがありました。

それは朝起きて自然に便意を感じたこと。やっぱり少しずつ効果はではじめているのでしょうか。小さな始めの1歩☆とっても嬉しかったです。

そんな今日も、朝はお決まりのヨーグルト+オリゴ糖で^^バナナとキウイもトッピングしていつもより豪華にして食べました。

お昼は納豆、マグロ、とろろ、おくらを混ぜたネバネバ丼で簡単に。

納豆や長芋は便秘に効く食べ物で、腸内の環境を整えてくれると言われています。

なにより私の大好きなネバネバ丼を食べて、それだけで元気いっぱいです^^(笑)

今日は運動が出来なかったのですが、いつもの家事を徹底的に頑張りました。

いまのやりかたは病院やお薬に頼らず、手探り状態でも自分の力で便秘と向き合っていけるのが嬉しいなと思います。

若いころ、便秘薬に頼っていたときには使用したときにしか便が出なかったり、耐久が出来てしまったのか便秘薬の量を増やしていかないと効果が現れなかったり。

そんなのとは違って、身体の中から改善していくので健康にも良いし、無理もしないので続けやすいです。

夕飯のメニューは、タケノコご飯、筑前煮、わかめサラダ、昨日の野菜スープでした。

私は知らなかったのですが調べてみるとタケノコも便秘には良いとされている食材のようです。腸を刺激してくれるんですって^^

うちの家族はタケノコが大好きなので、主人も娘もそんなこと関係なくバクバク食べてあっという間にお釜もからっぽ。私もたくさん頂きました。

今日は公園にいけずで、身体を動かす時間が取れなかったので腸のマッサージは念入りにやっておきました。

腸は外から触れるので、便秘中はどのあたりに便がたまっているのかがわかったりするんですよ。私はいつもお腹の左下の部分が固くなっていてがっつり便が溜まっているのを確認できていたのですが、少しだけ改善してきたように思います^^

 

食材からもオリゴ糖を。

こんばんは。

4月も中旬になり、日中はだいぶ過ごしやすくなってきましたね^^

今朝はいつもと気分を変えて、飲むヨーグルト+オリゴ糖で飲んでみました。

作り方はヨーグルトにお水とオリゴ糖とレモン汁を加えて混ぜるだけ。簡単なのにスッキリ美味しく頂けました♪

ビフィズス菌は毎日取り入れるのが効果的なようなので、コレだけは忘れずに続けるようにしています。

美味しくってハマってるので続けるのも楽しいのがいいところ。

いま愛用しているオリゴ糖が残り半分を切ってしまったので、今日はネットで新しいオリゴ糖を注文してみました。

届くのは3日後だそうです☆たのしみ!

今夜もお風呂上がりに腸もみでお腹をマッサージしながら、腸に刺激を与えておきました^^これをすると早ければ1時間以内には便意がくることもあるんですよ。

私の目標は毎朝必ずお通じがくるようになること。なので、今のところはまだまだ途中段階^^;

食事や運動で地道に頑張っていますーー!!

今日はおやつにバナナを食べました。最近知ったのですが、バナナにもオリゴ糖が含まれているんですって。私は焼いて食べるのもお気に入りで、時間があるときにはトースターにアルミを引いて縦に切ったバナナを乗せて焼いて食べます。

昔何かの雑誌で読んだんですが、焼きバナナにすることによって免疫力を高める効果があるそうですよ。それにオリゴ糖も増えるそうなのですごくオススメですよ☆

シナモンシュガーなどを振りかけると、もう立派なデザートです^^甘くて美味しい♪

そして今日の夕飯のメニューは、白いご飯に、チキンときのこのソテー、野菜スープを作りました。きのこのソテーで便秘解消効果を狙ってます。

チキンや、野菜スープは子ども達も大好物で沢山食べてくれるのでいつも多めに作って次の日にも食べてます(笑)

私はもちろん便秘に効果抜群なきのこを多めで頂きました。

私って本当に食べるの大好きなんです。腸内フローラ改善も、こうして食材のことをより深く知って考えるのが楽しいです^^

 

少しずつ効果が出てきました。

こんにちは。

昨日は天気がよかったので朝から子どもを連れて公園に遊びにいき、私も一緒に運動してきました^^

腸内フローラを整えるためには、食事はもちろん大切ですが他にも運動、睡眠、ストレスをためないことも大切です。

自己流の腸のマッサージや毎朝のヨーグルト+オリゴ糖と昼夜の便秘解消メニューの効果が現れてきたのか、ここ最近は少しずつですが自然に便意がくるようになりました。

1歳の息子も同じく便秘気味だったのですが、最近は毎日快調のようで私よりさきに効果がでてきています☆

生きた乳酸菌や、乳酸菌のエサのオリゴ糖をとりながら「善玉菌増えろ〜!!」と願いながら過ごしています(笑)

同じ食事をとっていても主人は毎日快調なのに、どうして私は便秘続きなの?と疑問に思っていたのですが、腸が元気に活動してくれているかそうじゃないかが問題だったんだと思います。

今日の夕飯のメニューは、豚キムチ、海藻サラダ、冷や奴、お漬物で乳酸菌、あとは発酵食品のキムチ、水溶性食物繊維の海藻で意識して献立をたててみました。

腸に良い食材って結構私好みのものが多いのに、どうして昔から便秘なんでしょう;;

今日はもう夕飯の下ごしらえも済んだので、夜までは子ども達と遊びがてらに気休めの運動でもしようと思っています。

本当はジムなんかにいって思いっきり汗を流したりもしたいのですが、下の子がまだ小さいのでまだまだ先の話になりそう^^;

今はこどもたちと遊ぶ事や、スーパーまでの買い物を徒歩にしてみたりなどと出来る事を頑張ろうと思っています。

こどもってすばしっこいので実は思っている以上に身体を動かしているんですよね。大人は息切れしていても子どもは全然余裕で走り回ってたり。

私も体力付けないと子どもについていけないな^^;

毎日動き回っているおかげで寝かしつけのときに私まで一緒に寝てしまうことも多々。。睡眠だけはばっちりとれています(笑)

最近は腸活も楽しくなってきました♪

 

 

腸活にはオリゴ糖

こんばんは。いま、腸内環境をよくするために努力することを腸活と言うみたいですね^^

「腸活」や「腸内フローラ」などがトレンドワードにもなっているように、それで悩んでいる・気にかけている人が多いということなのですよね。

そんな私も腸活中。始めてからまだ日が浅いので効果という効果はまだ出ていない気がしますがここでめげずに頑張ります。

前のブログで腸内フローラを整えるには「オリゴ糖」が良いと書いたのですが、オリゴ糖にも種類があるのを知っていましたか?

腸内フローラを改善させる難消化性オリゴ糖についてはこちらが分かりやすくまとめられていています。
http://www.emmachristopher.com/category1/entry12.html

難消化性のオリゴ糖が腸内の善玉菌を増やしてくれるんですね。しかも低カロリーだというのが嬉しいポイント!

普通のお砂糖のようにお料理に使ってもよし、コーヒーやヨーグルトにささっと振りかけて使うのも良し☆結構万能なんです。

お砂糖に比べて甘さは少し劣りますが、カロリーはお砂糖の半分。
口にいれたら大腸まで分解されずに届いてくれるオリゴ糖はビフィズス菌のエサというのが腸内フローラを整えるのには最適。
善玉菌増殖の助けをしてくれるというわけなんです。

腸内環境を良くするにあたってお砂糖はあまり好ましくないのですが、
そのかわりにオリゴ糖を使えば良い事ずくしというわけですね。

だからといってとり過ぎには注意が必要です。
カロリーが半分とはいえ量を増やすと当然カロリーも増えますし、身体のためには過剰摂取は避けて適量を心がけることが大切です。

オリゴ糖の過剰摂取は腹痛、下痢、むくみ、ガス溜まりなどの副作用があるようです。
オリゴ糖は1日に5gから10gの摂取が理想的な量ですので参考にしてみてくださいね^^

わたしもそれらを踏まえて、お砂糖からオリゴ糖にチェンジして使用するようにしました。
朝食にヨーグルトにオリゴ糖を振りかけたものを食べて朝から腸活!
効果に期待です^^

腸に良いもの悪いもの

腸内の中の細菌は約100兆個と言われていますが、その細菌達はたくさんの働きをしてくれています

「免疫力の活性化」「消化吸収代謝」「発がん物質の分解と排泄」など他にも沢山の働きをしてくれているのですが、腸内フローラの環境が悪いとそこでの機能が低下し免疫力の低下や老化が進むなど様々な影響が出るのです。

結果的にそれが私たちの健康状態を左右すると言えます。

自分の腸内フローラの状態を知るには、自分の便の状態を観察することもひとつの目安になります。

いい便の状態とは柔らかいバナナ状で、水に浮く、黄色っぽい色味と言われており、臭いもあまり臭くないのが特徴です。

逆に黒っぽい茶色や黒色の便、硬い便や軟便、くさい臭いがするときには腸内の状態が乱れているので要注意です。

ちなみに私の場合は後者で、結構昔からこのような状態です。いままでも不快だった便秘ですが、こうして知れば知る程怖くなってきました。

歳もアラサーに近づいてきて健康を気にしないといけない歳にもなってきたし、なんとしてでも腸内フローラルを理想の状態にもっていきたい!

そんなときにオススメなのは以前にも書きましたが食物繊維やオリゴ糖などで腸内環境を良くするのが良いそうで、注意したほうがいいものは肉や魚のとり過ぎなんだそう。肉や魚は腸のなかで消化するのに時間がかかり悪玉菌のエサにもなります。

腸の状態が悪いときには、肉や魚は少なめにして野菜中心を心がけたほうが良さそうですね。

あと、飲み物を飲むときは常温や暖かいもののほうが良いそうです。夏の暑い時期には冷たいものをゴクゴク飲みたくなりますが冷たい飲み物は腸の働きを低下させるので注意なんですって。

私の場合、元気な腸を目指すためにはかなり生活環境を気にした方が良さげなんですよね。

野菜は沢山食べてはいるけどお肉も魚も大好きだし、アイスなんかの冷たいものは大好きだしキンキンに冷えた飲み物も気にせず飲んでいました。睡眠時間や運動不足なんかも改善したほうがいいので、頑張って改善してきます!

 

腸内環境を良くするためには。

腸内環境を良くするために大切なのは食生活に気をつけること。

腸内の善玉菌を増やすにはサプリメントや食事面などで改善していくことが有効的です。

特に私のように便秘で悩んでいる人には、オリゴ糖や水溶性の食物繊維をとると便秘解消の手助けをしてくれるみたい。

オリゴ糖の中にもいろいろ種類があって、悪玉菌をやっつけるもの。善玉菌のエサになり善玉菌を増殖させるもの。整腸作用があるものなど。オリゴ糖は腸内でとってもいい働きをしてくれるんです^^

水溶性の食物繊維は食べ物で言うとバナナ、りんご、アボカド、にんにく、しいたけ、納豆などなど。

今日からこれらを食事の中で積極的に取り入れようと思い、朝昼晩の毎回のメニューの中に最低1品は取り入れています。

水溶性食物繊維は水に溶けて身体の中の有害な成分を吸収させ、排出させてくれます。また、腸内の善玉菌のエサになってくれるという効果もありますよ。

また、発酵食品なども乳酸菌がはいっているので腸内環境を整えてくれます。

この勉強したことを踏まえて作った今日の食事のメニューは

朝 リンゴとバナナと牛乳、そこにオリゴ糖を少しいれて作ったジュース。トーストとヨーグルト。を子ども達と一緒に食べました。

昼 納豆ごはん、昨日の残りの肉じゃが、わかめスープ

夜 ごはん、焼き椎茸、あじの南蛮漬け、冷や奴オクラのせ、わかめスープ

こんな感じにしてみました。色々考えながら作るのも楽しかったです。

時間があるときは運動もしながら、健康な腸に育てあげていきたいと思っています♪♪

あとは腸の中で固まった便が柔らかくなるように、意識して水分補給もしてみました。

すぐに結果はでないと思いますが、徐々に改善してけると嬉しいなぁ。

腸内フローラのバランスを整えると、なんと寿命だって長くなるんですって。腸の状態で老化は進むなんてことも聞いた事がありますし、腸って本当に大切な臓器なんですよね。健康に毎日を過ごせるように頑張って腸活続けていきます☆

 

若い頃の生活習慣を振り返る

腸内フローラの状態を良くするということは便秘改善のための大きな鍵です。

人間もともと、お腹の中にいる胎児のころの腸は無菌の状態なのですが、産まれてきてからはミルクや離乳食が始まり、おもちゃを口に入れたりすることで身体のなかに菌が入っていきますよね。そのころから腸内フローラは形成しはじめていきます。

 

その腸内フローラのバランスが崩れる原因とは。

おもにストレスや運動不足、偏った食生活などが言われています。

要するに不健康な生活が腸内フローラのバランスを崩してしまうということが言えそうです。

このバランスが崩れてしまうと、便秘だけでなく免疫力が下がってしまったり、肌荒れや精神疾患などの症状がでてくることもあります。

 

私はまず、便秘が始まったころ(中学生〜高校生)の生活を思い返してみる事にしました。

まず朝食は食べずに学校に通っていました。部活も習い事もしていなかったので運動は体育の授業くらい。

帰宅してから、家に居る日はひたすらゴロゴロ。お菓子などは滅多に食べませんでしたが、食事は好きな物を沢山食べていたと思います。揚げ物や炭水化物は大好きでしたし、早食いの大食いでした。

高校時代はバイトを始め、食事のリズムがバラバラに。休みの日には18時に夕食、バイトの時には帰宅後の22時頃に夕食をとっていました。

夜更かしも多かったので、昼寝の回数も多かった気がします。長期の休みのときは特に睡眠のリズムはバラバラになっていました。

家の中では冬でも薄着だったので、身体を冷やすことになってしまっていたのが悪かったと思います。

時期的なものもあるかと思いますが中学生の頃は肌荒れも酷かったです。

こうして思い返してみると、若いとはいえ身体には悪そうな生活を続けていました。ストレスも人並みにはあったと思います。こんな生活が続けば身体には良くないのは当たり前ですよね^^;

結婚してから生活スタイルや食生活のバランスはある程度は改善されたものの、慢性的な便秘はなかなか良くなりません。

これからどうやって改善していけばいいのかを考えながら頑張りたいと思います。

 

 

 

便秘との付き合い。体質改善に向けて

こんばんは。

私は学生時代からかなりの便秘症で、中学生時代は週末にあわせて便秘薬を服用してました。

薬に頼ればそのときだけは便を出す事ができるものの便秘薬からの腹痛は辛いし、薬の量もだんだん増やしていかないと効き目が薄くなっていくのにも恐怖を感じて、高校生のときに便秘薬はやめました。

ですがやっぱり自然に便秘を治すのは難しくて、その後もずっと便秘と闘う日々が続いています。

今まで便秘に効果があると言われているものは一通り試しました。

私には全く効果がないものもありましたし、最初の2週間は効果が現れたのに続けていくうちにまた出なくなりするものもありました。

そんな日々を過ごしているうちに、結婚して妊娠。妊娠中はとくに便秘が酷かったので産院の先生に相談して便を柔らかくする便秘薬を処方してもらっていました。

出産してからはまた便秘続き。便秘中って心もドンヨリして気分が晴れないんですよね。

長年の便秘続きで大腸がんなど、身体の事も心配になってきました。

なので体質改善をするべく、身体の中のことを勉強することにしました。

腸内の状態が便秘をもたらすということで、特に「腸内フローラ」のことを詳しく勉強する事にしました。

腸内フローラとは腸内の中にいる細菌(100兆個ほど)がそれぞれ種類ごとに集まり腸内の壁にびっしりと生息しているところが、まるで花畑のようだということで「腸内フローラ」と呼ばれるようになったみたいです。

この腸内の細菌の種類は100種類以上もあり、それを大きく3つの部類で分けると善玉菌、悪玉菌、あともうひとつが善玉or悪玉のそのとき優勢なほうに見方をする菌という3つに分けられます。

すべて善玉がいいとか、悪玉菌を抹消!とか、そういうのではなくこの3つの細菌が腸の中でバランスよく共存しているのが理想なんだそう。

きっと私の腸の中ではそのバランスが崩れて、悪玉菌が優勢しているのかも。。

このブログでは調べた事を参考に自身の便秘改善ブログを書いてきたいと思います^^